10代の薄毛

妊娠中の抜け毛にノコギリヤシ成分配合の育毛剤を使用して大丈夫?

妊娠中の女性の体は、胎児を成長させたり、出産への準備をおこなったりするために、ホルモンのバランスが大きく変化をします。
そのため、体毛が濃くなったり、抜け毛が増えたりする場合があります。
また、出産後も授乳をおこなうためにホルモンのバランスが変化をしているため、抜け毛が増える場合があります。

抜け毛の度合いには個人差がありますが、地肌が見える程に抜ける人も少なくないため、妊娠中や授乳中に抜け毛に悩む女性はとても多いと言われています。
妊娠中や授乳中の抜け毛対策のために、ノコギリヤシの成分が配合をされたサプリメントを摂取することを勧めている人もいるようですが、ノコギリヤシによる抜け毛の効果は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンという抜け毛を分泌させるホルモンの分泌を抑えることによって現れるため、ホルモンのバランスが重要となる妊娠中や授乳中にノコギリヤシを摂取することでホルモンバランスに変化を与えることはとても危険です。
妊娠中や授乳中の抜け毛は、一時的な症状であり、一定期間を過ぎてホルモンのバランスが元の状態に戻ると、自然と症状は改善をされて行きます。

妊娠中や授乳中にノコギリヤシを摂取することでホルモンのバランスが崩れると、胎児や乳児の成長に影響を与えますし、とくに男児の成長に大きな影響を与えるとも言われています。
一時的な抜け毛を改善させるために、大切な子供の体に悪い影響を与えてしまうと、必ず後悔をすることになりますから、抜け毛が気になる場合は、ノコギリヤシを摂取するのではなく、産婦人科の医師に相談をして別の方法を考えるようにしましょう。
また、不妊治療や生理痛などの婦人科系の症状を改善させるために、経口避妊薬やホルモン治療をおこなっている場合も、ノコギリヤシを摂取することで薬の効果を弱めてしまう可能性がありますし、抗血液凝固薬や抗血小板薬などを使用している場合にも出血をする可能性を高めるため注意が必要です。

このページの先頭へ