10代の薄毛

加齢とノコギリヤシの関係

ノコギリヤシに含まれている成分は、20代や30代などの若い世代よりも、40代以上の中高年にこそ積極的に摂って欲しい成分だと言われています。
確かにノコギリヤシの成分が配合をされている多くの健康食品は、中高年の男性に向けて販売をされていますよね?
それは、一体何故なのでしょうか?

ノコギリヤシに含まれている成分には、前立腺肥大症、頻尿、抜け毛、薄毛などの症状を改善する効果があることがわかっています。
これらの症状は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリゼクターゼという酵素の働きによって、ジヒドロステロンという男性ホルモンに変換をされるために起こることがわかっており、テストステロンの分泌量は加齢と共に低下をして、前立腺肥大症、頻尿、薄毛などを引き起こす原因であるジヒドロテストステロンの量は加齢と共に増えることがわかっています。
ジヒドロテストステロンの量は、50歳を境に急激に増えると言われており、前立腺肥大症は、50代で4割以上、60代で半数以上、70代で7割以上の男性がかかっていると言われています。

前立腺肥大症は、頻尿や残尿感などの症状が起こる原因でもあるため、必然的にこれらの症状も年齢と共に増えて行くのです。
若い頃は、排尿のキレが良かったのに、年を重ねるごとにキレが悪くなって、残尿感を感じるようになったという話はよく耳にしますし、トイレに行く回数が増えたり、尿もれをしてしまうという中高年の男性は決して少なくありません。
また、男性型脱毛症(AGA)の症状は、20代などの若い世代に現れることは少なく、症状に悩まされている多くの人は、40代以上の中高年です。
男性型脱毛症の症状も、毛乳頭でジヒドロテストステロンの量が増えて、毛根の成長を阻害するために起こるのです。
ノコギリヤシには、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換をさせる5αリゼクターゼの働きを抑制する力があるため、加齢によってジヒドロテストステロンの量が増えることを防いで、中高年の多くが悩まされている、頻尿、抜け毛、薄毛などの症状を改善する効果を期待することができるのです。
ノコギリヤシを摂取する方法についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ