10代の薄毛

亜鉛とノコギリヤシの関係

男性型脱毛症(AGA)が起こる原因には、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの働きが大きく関係をしています。
ジヒドロテストステロンは、5αリゼクターゼという酵素の働きによって、テストステロンが変化をしたホルモンであり、テストステロンの10倍以上もの活動力を持つ強力な男性ホルモンです。
その強力な作用によって、髪の毛を成長させる働きをおこなう毛母細胞の活動を低下させ、毛母細胞の活動が低下をしたことで、栄養が必要ないと判断をした脳は、頭皮への血流を少なくさせます。

また、ジヒドロテストステロンには、皮脂腺を刺激する働きもあるため、皮脂の分泌を増やして、毛穴を詰まらせるのです。
このように、髪の毛の成長を阻害して、髪の毛を痩せ細らせ、抜けやすい状態を作り出すことから、ジヒドロテストステロンは、別名「脱毛ホルモン」とも呼ばれています。
ノコギリヤシには、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換させる5αリゼクターゼの働きを抑制する効果があるため、男性型脱毛症の治療に効果があると考えられていますが、実は、亜鉛にもノコギリヤシと同様の効果があることがわかっているのです。

亜鉛は、人間が生命を維持するために必要なミネラル成分のひとつであり、たんぱく質の形成、細胞分裂の促進、免役機能の向上などの働きをおこなっています。
細胞分裂を活発にさせることで、毛母細胞のはたらきを促進させて、髪の毛を成長させる効果を期待することができますし、髪の毛を構成する成分のひとつであるケラチンは、亜鉛が足りなくなると十分な量を作り出すことができなくなるため、亜鉛を摂り入れることで太く丈夫な髪の毛を育てることもできます。
また、亜鉛には、ノコギリヤシと同様に、5αリゼクターゼの働きを抑制する効果があるため、ノコギリヤシと亜鉛を組み合わせて摂取をすることで、男性型脱毛症への高い効果を期待することができるのです。
亜鉛は、肉、魚、穀物などの食材から摂取をすることが可能ですが、ノコギリヤシ自体を摂取することは難しいので、男性型脱毛症に悩んでいる人には、ノコギリヤシと亜鉛を同時に摂取することのできるサプリメントを活用することをお勧めします。

このページの先頭へ